学生活動
学生作品・研究

kanー感・環・換ー

宮田 帆乃香

環境設計学科 ※制作時所属

卒業研究

制作年
2021年
制作時学年
学部4年

現在、日本ではプラスチックゴミ問題が深刻化しており、国内での循環システムを構築することや、人々のごみ分別・代替製品購入などの行動が重要になっている。しかし環境への意識はあっても行動に移せない人が多い現状にある。そこで私は、文字や数字で学ぶだけではなく、展示品や空間を見ることで問題や自らが生活の中でできることを体感し、行動に移すきっかけとなる施設を提案する。