芸術工学部・大学院について

学部・大学院の案内

大学院芸術工学府 芸術工学専攻

デザイン人間科学コース
コース紹介

概要

人間の諸特性と技術との関係について、科学的基盤の上に立って教育、研究を行う大学院教育部門として、本コースを設置します。これは、九州大学21世紀COEプログラム「感覚特性に基づく人工環境デザイン研究拠点」の目指す大学院教育を実現するものです。「技術の人間化」を達成するために、学生に生理学、心理学の立場から人間の特性を理解させ、そのことによってデザインの科学的な指針を与え、さらに数理解析などの工学的手法を通じて理論と実践との統合を図ります。

育成人材像
実験、理論を通して、設計の基盤を探ることに適性と興味を持つ方
人間の特性を深く理解し、人間にとって最適な環境、「もの」、情報の総合体を提案できる能力の養成
代表的な授業科目
  • 生理人類学特論
  • 生体情報数理学特論
  • 生理適応人類学特論
  • 福祉人間工学特論
  • 聴覚生理学特論
  • 聴覚心理学特論論
  • 統計データ解析特論
  • デザイン人間科学特別演習 I、II
  • 知覚心理学特論
  • 感性科学特論
  • 視覚心理学特論
  • 時間知覚特論
  • 知能情報学特論
  • 計算機援用特論
想定される職種

○企業等の研究開発部門、統括部門、デザイン部門、SE等 ○地方公共団体等の研究所、試験所の研究職 ○大学、国立研究機関等の研究職 ○官公庁、マスコミ